おならのこぼれ話2のページです。

おならのこぼれ話2

おならは臭くて嫌なもの、というイメージがありますが、動物の世界でも、こうしたことから、おならを敵から身を守る手段として用いるものがいます。良く知られている動物が、スカンクですね。スカンクの出すものは、正しく言えば、おならのようなガスではなく、肛門の両脇にある「肛門腺」から、強烈な悪臭のする分泌液を噴出することで敵を撃退するのです。

実際、肉食獣の多くは肛門腺を持っていますが、そこから放出される分泌液を相手に吹きかける能力や、その臭いの強烈さは、スカンク科が特に際立っているのです。日本でもなじみのある、イタチも、敵に襲われたとき、いわゆる“最後っ屁”というものを放出します。これも、臭い匂いを分泌する「臭腺」から出される液です。この臭い分泌物は、マーキングや糞ににおいをつけることで個体間のコミュニケーションにも使われていると考えられています。

今、ペットで人気のあるフェレットは、イタチの一種で、普通のイタチと比べておとなしく、人になつくのでペット用として売られているのです。こうしたペット用のイタチの場合、繁殖場で臭腺を除去されています。実は、犬や猫にもこうした臭腺があるのですが、犬や猫の場合は退化しています。

家庭で犬を飼っている場合、たまにこの臭腺を絞ってあげる必要があります。大型犬の中には、自分で便をする時に肛門腺を一緒に排泄することが出来るものもいますが、小型犬や中型犬など現在の犬は、肛門腺を絞り出して排泄する力を持っていないので、ヒトが絞り出してあげなければいけません。臭腺から続く管が肛門括約筋の左右につながって開いているので、肛門を左右から押してやると脂状の貯留物が排泄されます。


当サイト人気コンテンツ

原因となる食べ物
よく、焼き芋を食べるとおならが出やすい、といわれますが、確かに、芋類も含めて、繊維質の多い食べ物は、おならが出やすいとされています。芋以外には、ゴボウ、豆類などが・・・続きを読む

女性のおならの悩み
女性で、おならが出やすく、悩んでいる人も多いかもしれません。男性と違い、女性だとあまり人前でおならをするわけにもいきませんね。かといって、人前だからといって、あまり・・・続きを読む

おならが止まらない時
普段はそうでも無いのに、急におならが出て止まらなくなった、という場合、何か原因があるかもしれません。この場合、腸の善玉菌が急速に減っている、腸内細菌叢(腸内細菌の・・・続きを読む


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2017 おなら@情報館 [原因・女性・止まらない時] All Rights Reserved.