赤ちゃんのおならについての解説ページです。

赤ちゃんのおならは

赤ちゃんを抱っこしたときなどに、おならをして驚くことがありますが、実は、赤ちゃんはおならをしやすいものなのです。赤ちゃんは母乳やミルクを飲む際、空気も多く飲み込むため、ゲップ以外に、おならとなって出てくるのです。特に母乳の場合、ガスが発生しやすいとされています。赤ちゃんでおならが多く出るのは腸が正常に機能している証拠であり、赤ちゃんの腸の中は善玉菌が多いので、臭いも余りありません。

また、離乳後は、初めて母乳以外の物を与えると腸内環境のバランスが変わるため、一時的におならや便の回数が増えたり、便がゆるくなることがあります。逆に、ゲップ、おならで腸内の空気を出すことが出来ないと、お腹が張ってしまい、苦しさで泣き出す場合もあります。こうしたときは、オムツ換えや、お風呂上りなどのときに、軽くお腹をマッサージしてあげると良いでしょう。

また、機嫌が良いときなどに仰向けに寝かせ、足を交互に、歩かせるような感じで動かしてあげると腸が刺激されます。これにより、排便も促進されるようになります。赤ちゃんの便秘もよくあることですが、あまり排便の回数が少ない場合は、浣腸をしてあげるのも良いでしょう。綿棒で肛門を刺激してあげることで便通が出ることもあります。

げっぷは、体位を変えると出ることもあるので、横向きやうつ伏せに寝かせてみるのも良いですが、うつ伏せの場合は側から離れないように注意しましょう。あまりにお腹が張って苦しそうなら、医師に診てもらい、整腸剤を処方してもらうと良いでしょう。生まれたときからずっと便秘で、綿棒浣腸などをしないと排便しない場合、気づいた時点ですぐ病院で診てもらったほうが良いみたいです。


当サイト人気コンテンツ

原因となる食べ物
よく、焼き芋を食べるとおならが出やすい、といわれますが、確かに、芋類も含めて、繊維質の多い食べ物は、おならが出やすいとされています。芋以外には、ゴボウ、豆類などが・・・続きを読む

女性のおならの悩み
女性で、おならが出やすく、悩んでいる人も多いかもしれません。男性と違い、女性だとあまり人前でおならをするわけにもいきませんね。かといって、人前だからといって、あまり・・・続きを読む

おならが止まらない時
普段はそうでも無いのに、急におならが出て止まらなくなった、という場合、何か原因があるかもしれません。この場合、腸の善玉菌が急速に減っている、腸内細菌叢(腸内細菌の・・・続きを読む


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2017 おなら@情報館 [原因・女性・止まらない時] All Rights Reserved.